法律 資格

サイトマップ

法律系資格で人気の資格

法律系の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)の中で、人気の資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)について調べてみました。

・司法試験
・司法書士
・行政書士

この3つの法律系の資格が、とても人気があります。

まず、司法試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)についてですが、司法試験は最も有名な国家試験となります。司法試験に合格すると、裁判官や検察官、弁護士になることができます。以前はとても難易度が高い試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)でしたが、新制度になったことで、若干合格しやすくなりました。

次に、司法書士についてです。司法書士は、司法試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません)に次いでむずかしいと言う名前の資格で、不動産の登記手続きを行ったり、裁判所や法務局、検察庁などに提出する書類を作成したりします。

司法書士の合格率は約3%と低いだといえるでしょうが、ちかごろでは女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に大人気の資格のようです。

最後に、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)についてですが、行政書士は司法試験や司法書士と同じ国家試験になります。でも、この二つほど難易度が高い試験ではありません。行政書士は、許可申請書類や会社設立などの書類作成が主な業務内容です。

行政書士には、行政書士でなければ作成出来ない書類がたくさんあります。なので、行政書士はとてもやりがいのある仕ことだと思います。一念発起して挑戦してみては如何でしょう?

毎年11月に試験がありますので計画を立ててがんばりましょう。

「「平成の資格王」が教える資格試験最短合格勉強法」について

平成の資格王と呼ばれる中村一樹さんが教える資格試験最短合格勉強法は資格試験を目指す方なら必読し習得すべき事項でしょう。