平成の資格王 中村一樹

サイトマップ

資格について

公的資格は国家資格のように資格(取得することで就職に有利になったり、給与アップにつながることもあるものです)取得証明書がなけれね仕事に就けないと言う職業に直結するものではないようですが、信用度は高く、高度な知識や実務経験スキルが求められるものも多くなっているのです。秘書技能検定や簿記などがあるのです。パソコンを使用する人にとって、資格はあっても邪魔にならないものだと思うのです。もちろん資格が無くても仕事上は全く支障はないようですが、ご自分のスキルアップの為に、スクールなどできちんと勉強して資格を取得するのもいい方法だと思うのです。

行政書士は国家資格で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。規制緩和によって公的資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)から民間資格に移行されたものもあるのです。民間の企業(会社ともいわれます。営利目的で活動を行っている経済単位をいいますね)や団体が独自に実施し、認定する資格となっているのです。

MCP資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を保持している人は、プログラマーやトレーナー、システムエンジニアやシステムインテグレータなどの職業に就く人が多いのです。どちらかというと日常パソコンを使用して仕事をしている人が目指す資格となっているのです。民間資格(民間の団体が認定している資格で、その価値はピンキリです)はTOEICみたいに社会的評価が高い資格ってあると思います。ただ、資格によって評価にはかなりの差があるようですので、資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)取得前にそれを判断することが大切になってきます。

MCPはMCPプログラムをクリアすることによって取得することができるようですので、MCPプログラムは日本やアメリカをはじめとして、世界中どこでも実施されているのです。資格を取得したものは連合会に加盟し、個々人で仕事を行うのです。仕事のほかに、資格をもっている人がつけられる行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)バッジにあこがれて資格(取得するのが趣味なんて方もたまにいますよね)を取得しようとする人も少なくありません。この資格をとるにあたって、受験資格は特に定められていないのです。

通称ケアマネージャー試験と呼ばれる試験の正式な名称は介護支援専門員実務研修受講試験なのです。ケアマネージャーの業務に関し、基礎的知識及び技能があるかをチェックする事を目的として行われているのです。試験方法はペーパテストではなく、試験会場に用意されたパソコン端末による実技試験となっているのです。そのため、試験勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)も異なってくるのです。

「「平成の資格王」が教える資格試験最短合格勉強法」について

平成の資格王と呼ばれる中村一樹さんが教える資格試験最短合格勉強法は資格試験を目指す方なら必読し習得すべき事項でしょう。